名古屋港TNRプロジェクト-3710-





ARTICLE PAGE

次々と子猫保護

クラウドファンディングにご支援ありがとうございます。

プロジェクトメンバーの石狩です。

現場の活動に協力してくださる方も少しづつ増えています。

が・・・保護しなければならない子猫も 治療が必要な猫も まだまだたくさんいる現状です。

急ピッチで 捕獲 保護進めております

予想を上回るTNR 子猫保護頭数になることは確実です。

なにとぞ引き続きのご支援をお願い申し上げます。





肩を寄せ合って生きている 3710現場の猫たち
20161108133010521.jpg


7948.png

一昨日 Haruさんと夕方合流して 
体調を崩して くしゃみをしている子猫の捕獲に赴きました。

そこは休憩所になっており たくさんの人が その子猫の存在を気にかけていました。

知り合いになった 餌やりさんには保護依頼もしておりましたが、
なかなかにすばしこくて警戒心の強い子猫で
ずっと保護できずにいたのです。

珍しく私たち以外には誰もいなくて 恐る恐る現れた子猫
やっと保護できました。
1944.jpg

そして 少し離れたところから 様子を伺う 親子猫を発見
初めて見る子猫たち (;゜0゜)

躊躇している暇はありません
捕獲機を仕掛けて 2匹の子猫を保護いたしました。
幸い風邪もひいておらず安心しました。
22.jpg

子猫の保護が相次いでおり 現場にはまだ確認されている子猫もおります。

保護し 人馴れさせ 里親様へとつなぐために
預かりボランティアさんを募集しております。

お問い合わせお願いいたします。

メールフォームから

又は 
aichi.2022.zero@gmail.com (清家)
ka550220@yahoo.co.jp (石狩)




スポンサーサイト

2 Comments

774  

陰ながら活動の応援をしております。
ここの公園の猫の多くは白い体で頭に茶色い模様が入った猫ばかりですが、みんな兄弟姉妹なのでしょうか?
ちなみに私の友人が、夏にここの公園の子猫を1匹保護しました。
今では大事な家族として幸せに暮らしています。

2016/12/02 (Fri) 17:07 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/28 (Sat) 16:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment