名古屋港TNRプロジェクト-3710-





ARTICLE PAGE

3710プロジェクトとは???

3710プロジェクトとはなぁに?
と思われる方が多いかと思います。


このエリアでの活動は、ある方がSNSで発信したSOSが始まりでした。
そのSOSとは・・・

「名古屋港に瀕死の子猫が捨てられている」というものでした。


そのSOSをキャッチした岐阜県の個人ボランティアさんが、
なんとか子猫を捕獲して下さる方を見つけ、一命を取り留めました。
その子猫たちのお写真は愛知地域ねこ応援団様のHPでご覧になれます。
(個人ボラさんの手厚い保護を受け、子猫たちは元気に暮らしています)


私はその情報を1週間ほど遅れて目にし、保護された子猫の目の酷さに胸が痛みました。
そして、「現場に兄弟が残されているかもしれない。
どなたか現場の様子を確認できる方はいませんか」というメッセージに後押しされるように現場に足を踏み入れました。

「猫がたくさんいる」という情報はチラホラ耳にしたものの、こんなにいるとは・・・
絶句でした。

どなたかが施してくださった耳カット猫が数匹確認できたのみで、
おたまさんωのついたオス猫があっちこっちに・・・
目やにの酷い猫があっちこっちに・・・
あれ、さっきとは模様が少し違う猫がここにも・・・

なんじゃこりゃ~~~(゜o゜)


子猫の兄弟を探すはずが、無法地帯を知ることとなり、
私が見たままの情報を個人ボランティアさんを通じてSNS上で発信してくださいました。

その後、その情報をキャッチして下さった方々とつながりましたが、
どうにも個人で追いつく数ではなく、名古屋の個人ボランティアさんから愛知地域ねこ応援団様へとつながることとなりました。

手探り状態で「なんとかしなきゃ」と力を合わせて、ここまで来たところです。
そして「3710プロジェクト」としてTNR以後の猫の管理も含め、
「人と猫が住みやすい名古屋港めざして」プロジェクトに邁進する次第です。

この現場を御存知の方もいらっしゃると思います。
TNR搬送や給餌スタッフ等、お力を貸していただけませんか。
遺棄・虐待防止の為のパトロールでも構いません。

それぞれができることを、少しずつ取り組んでいきませんか。
ご協力よろしくお願いいたします

(文責 haru)

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment