名古屋港TNRプロジェクト-3710-





ARTICLE PAGE

少しずつ

愛知・地域ねこ応援団さんのブログ転載です。
少しずつですが進んでいます。

「名古屋港関係部署と3回目の話し合い」
http://catcheerleaders.blog.fc2.com/blog-entry-459.html

10月26日
関係部署5社との話し合いがありました。
前回の要望内容は以下のように対応いただきました。

企業、振興財団などですので、私たちボランティアのようにフットワーク軽くはいきませんが
真摯にとらえ、解決に向けて少しずつでもご協力いただいています。

①環境省遺棄虐待ポスター掲示板
  港保健所  A3印刷・ラミネート制作 設置済

②捕獲作業時間 午前5時から7時頃まで、午後18時から20時頃まで。
 この間の駐車場の提供、及び、車両通行許可書の発行 発行済

③遺棄・虐待 110番(警察への届け)の徹底 要請済

④適正飼育管理人員確保後、地域猫活動協力者募集チラシ 掲示インフォメーションに掲示済

⑤猫トイレ・冬越しシェルター設置

1477608404938K.jpg
現地では、たくさんの方々が猫たちに癒されています。
魚が取れるのを待つ、3710猫たちは、耳カットをしている猫たちばかりでした。

10月13日に更なる要望書を提出させていただきました。
⑥公益財団法人どうぶつ基金さくらねこ不妊手術事業行政枠の申請をお願いいたします

⑦里親譲渡会開催許可、及び会場提供をお願いいたします。
26日、⑤⑥⑦に関しての話し合いを行い、検討に入っています。

DSC04629c.jpg

⑤猫トイレ・シェルターに関して
海沿いにいる猫たちは、既に風邪を引いている猫も多く…
安心して眠れる場所、水、ご飯、トイレを一か所に用意している場所を与えることによって
猫の徘徊、車の上で暖を取るなどの行為が無くなることを説明させていただきました。
シェルターを購入し、藁とホッカイロを入れて、えさやりさんにも管理をお願いし
帰宅時に見回りが出来る3710プロジェクトstaffが見回るという流れです。

シェルターは、発布スチロールで作る案も出ましたが
強風あるエリアも多いのでお金はかかりますが丈夫なコンテナを購入することに
http://item.rakuten.co.jp/arimas/1209128/
購入しなければならない数が多いので、ご支援としていただけますと助かります。

⑥どうぶつ基金行政枠申請に関して
当初、成猫は50匹程、子猫20匹程と現地調査時に把握していましたが、
活動進めるに従って、成猫100匹程、子猫35匹程を確認しています。
間もなく、過酷な環境であればあるほど子孫を残そうとする生態を持つ猫たちの繁殖期がやってきます。
これまで寄付を募り、寄付内で活動展開をしていますが、全頭数不妊手術に足らず、苦戦しております。
繁殖期を直前に控え、早々のTNRが望まれますので、早々の対応をお願いいたします
と前提し、行政枠で協力いただいた場合のその後の流れを説明させていただきました。

⑦里親譲渡会開催について
里親譲渡会の様子を写真で見ていただき、開催希望日、参加猫の健康管理状況、
会場の衛生管理対策など、
それぞれのお立場で、多くのご質問をいただきました。
前向きに考えてくださっているようなので、朗報を待ちます。

----------------------------------------------------------
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment